野鳥ぷらねっと

野鳥写真がメインのフォトブログです。

天売島の海鳥たち

 

北海道の天売島へ行って来ました。

新千歳空港までは いつものようにLCCのセールでゲットした 

格安チケットです。

天売島へは 羽幌港という港から フェリーで渡るのですが

羽幌へは 札幌から高速バスでの移動です。

以前は天候が悪くて フェリーが欠航になり行けなかったので

今回ようやく 島へ渡る事が出来ました。

羽幌港から天売島までの 乗船時間は約1時間半。

デッキから海鳥観察&撮影しようと 張り切っていたのですが

船が揺れる揺れる. . . !

まさかの船酔いで 30分ほどでダウンしました。。

 

ダウンする前に何とか撮れた "ウトウ"

f:id:tori-planet:20170527221516j:plain

この日北海道本土は 最高に良いお天気だったのですが

天売島は気圧の谷の影響で 島に到着した頃には台風並みの強風に。

翌朝に予約していたボートでのクルーズも 高潮のため早速キャンセルに。

とても楽しみにしていたのに^^;

ボートからでないと ケイマフリやオロロン鳥などほぼ見れないし

写真も撮れない. . . 。

なんかなぁ 天売島とは相性が悪いのかなーと落ち込みましたが

ナイトウォッチングの ウトウの帰巣シーンは大迫力で

魚を咥えて帰ってくるウトウたちを 間近で見られて

大満足となりました。

(フラッシュ撮影などはしていません)

f:id:tori-planet:20170527221151j:plain

f:id:tori-planet:20170527221225j:plain

丁度ツバメのねぐら入りのように 夕刻になると一斉に

ウトウたちが巣に帰って来ます。

そこらじゅうウトウだらけ! 嘴にはたくさんの魚!

すでに多くのヒナが 孵っているようです。

ヒナが孵っている親は ヒナの為に魚を獲って帰って来ます。

こんなに沢山の魚 どうやって獲るのでしょうか?

すごいとしか言いようがありません。

今回は 今まで使ったことのないISOで撮りました。

↓ ウトウの巣

f:id:tori-planet:20170528132253j:imagef:id:tori-planet:20170528132315j:image

 

翌朝 強風でクルーズは中止だけど 何とか自力で

ケイマフリやオロロンちゃんを 見れないものかと

2時間近く歩いて 赤岩展望台へ。

展望台は 尋常ではないほどの超強風!

それでも何とか意地で 双眼鏡で眼下を見下ろしながら探していると

オレンジ色の足が見えました。

豆粒くらいですけど ケイマフリです。

写真は 超スーパーハードトリミング〜(笑)

f:id:tori-planet:20170527225832j:plain

f:id:tori-planet:20170527230718j:plain

f:id:tori-planet:20170527225914j:plain

f:id:tori-planet:20170527230538j:plain

こんな写真でも 撮れないよりはマシです。

証拠写真にはなります。ピントがどうのとか言ってられません(笑)

まあ 自力で探せたという事で. . . 。

ついでに 風景でも撮っておこうと 岩場を撮ってみると

小さな岩だと思ったのは 全部ゴマちゃん(ゴマフアザラシ)でした(笑)

f:id:tori-planet:20170528121916j:plain

ズズッとズーム

f:id:tori-planet:20170528121936j:plain

さらにズームすると. . . !?

f:id:tori-planet:20170528121954j:plain

ここは大小の岩に遮られていて あまり波が入って来ないようです。

みんな優雅にお休み中。

道北ではよく ゴマちゃんを見かけますが

こんな大量にいるのは 初めて見ました。

 

残念ながら オロロン鳥は見れなかったので

野鳥観察小屋から撮った オロロン鳥のデゴイ(人形)でも^^;

激減したオロロン鳥を呼ぼうと 設置されています。

f:id:tori-planet:20170528124430j:plain

左側真ん中あたりに立っている ペンギンみたいなのがデゴイです。

 

展望台では1時間近く 強風に煽られ続けたので

何だか フラフラになりました。。

 

 

続く. . . . 

 

 

広告を非表示にする